2006年6月アーカイブ

ちょっと前の Sankei Webの記事に、「 はじける苦み快感 ネスレが炭酸入りコーヒー」というのがあった。「ネスカフェ スパークリング・カフェ」という、炭酸入りコーヒーが新発売される (既に発売されている) という内容だ。これを読んで、ちょっとだけ興味を持ったものの、わざわざ探して買うのも面倒だったのでしばらくは試す機会もないだろうと思っていたのだが、先日、職場にこれを持ってきた人がいて、一口だけ飲む機会を得た。

僕の感想は、「コーヒーの味が弱い」、「炭酸が弱い」、「甘い」、「想像したほどまずくない」、「コーヒー牛乳に炭酸入れたみたい」 (でもミルクは入ってないはず) 、とまあ、だいたいこんなところだ。冒頭で紹介した記事とは異なり、はじけなかったし苦くもなかったのがだいぶ残念だ。もっと強い炭酸で無糖のものが出たらまた試してみたいと思うが、とりあえずもうこれを飲むことはないだろう、と思った。

[独り言]: 手段と目的

度々紹介しているブログ、為替王に、「カーストという身分制度のあるインドから見た日本の格差社会」という、なかなか興味深い記事があった。為替王氏とインド人の経済専門家の間のやり取りが紹介されているのだが、このインド人経済専門家が語っているカースト制に関する考え、そして日本のいわゆる「格差社会」についての考えを読んで、僕もあれこれと考えさせられた。

サイドバー (左)

Powered by Movable Type 5.2.9

サイドバー (右)

このアーカイブについて

このページには、2006年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年5月です。

次のアーカイブは2006年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。