2007年3月アーカイブ

404 Blog Not Found:javascript+CSS - お手軽もんたメソッドで、簡単に「もんたメソッド」を実現する方法が紹介されていた。なかなか面白いし確かにかなりお手軽なのだが、この方法だと以下のような問題がある。

先日 PASMOが使えるようになった数日後、たまたま電車に乗ったら、その時持っていたパスネットの残金がなくなった。手持ちの SUICAにはそれなりに残高があったので、これでもうパスネットを買うことはないだろうと思った。そして僕の計画では、程なくオートチャージ対応の PASMOを手に入れて、 SUICAも JR東日本に返還してデポジット 500円を取り返す、というつもりだった。ところが、そんなことを思って 1週間もたたないうちに、昨日パスネットを購入するはめになってしまった。

つい先日取り上げた日本食認証制度だが、先週末の各紙の報道によれば、国が行う認証制度という形のものは断念したらしい。詳しくは、農水省のページの、 3月16日に開催された有識者会議の資料として掲載されている海外日本食レストラン推奨有識者会議提言 (PDF)を参照していただきたいが、以下のようなことが含まれている。

AFP BB Newsに「ウィキペディアで亡くなってしまったコメディアン - 米国」という記事を見つけた。それによると、 Wikipedia上の Sinbadというアメリカのコメディアンに関する項に、彼が亡くなったという誤った情報が掲載されたという。

 シンバッド(本名:David Adkins)は、ウィキペディア内の自身についての情報に、彼が心臓発作で亡くなったと誰かのいたずらで加えられてから、友人や家族から数多くの心配するメッセージを受け取った。

[日々の暮らし]: PASMO

| コメント(5)

首都圏で電車を頻繁に使っている人なら知っていると思うが、PASMOが 3月18日から使えるようになる。 SUICAとも互換性があって、普通に使う分にはわざわざ PASMOを入手する必要はないように感じられる。ただ、 PASMOのサイトにあるプレスリリース (PDF)を見た感じだと、私鉄区間だけの定期券を使いたい場合には、 PASMOでなければならないようだ。僕の今の生活では、 JRよりも私鉄 (主に小田急) を使うことの方が圧倒的に多いし、小田急の定期も持っているので、ちょっと PASMOについて調べてみた。

例年、アメリカでは時計を 1時間進める、いわゆる夏時間は 4月の第一日曜日に始まり、 10月の第四日曜日に終わる。しかし、今年からは 3月の第二日曜日から 11月の第一日曜日までになったのだそうだ。つまり、アメリカでは、今年は 3月 12日からすでに夏時間に変わっているということだ。

またまた産経のニュースサイト iza!から。「ガチガチすし、ゼリーみそ汁…自信満々の日本食レストラン」という記事。見出しだけでも結構笑えるし、記事中で紹介されている海外の日本食レストランについても、それなりに面白い。しかし、この記事はそういうおかしな日本食を紹介しているだけでなく、農水省が実施しようとしているという海外の日本食レストランの認証に対する、実際に海外で日本食レストランを経営している人たちの反応を紹介している。

先ほど書いた文章の最後に、「乱文多謝」と書いた。実は、最初は「他社」と誤変換していたのだが、友人がそのミスを指摘するメールをくれた。そしてさらに、そのメールには「これって誤用だよね」とも書かれていた。

産経のニュースサイト、イザ!に、【ネットウオッチング】「ウィキ」引用問題あり?という記事があった。内容としては、フリー百科事典 Wikipediaに掲載されている情報は、時に信頼性に欠けるというもので、この点については以前の記事でも述べたように、僕も同感である。しかし、この記事を読んで気になったことが 2点ほどある。

僕に会ったことがある方ならばご存じの通り、僕は外出する時はほぼ間違いなく白い棒きれを携えている。 (正式(?) には「白杖 (はくじょう)」と呼びます。) 何となく気が向いたので、この棒にまつわるあれこれを書いてみることにした。

サイドバー (左)

Powered by Movable Type 5.2.9

サイドバー (右)

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。