日々の暮らしの最近のブログ記事

過去にこのブログでも書いたことがある、医薬品のネット販売に関する規制について、嬉しいニュース。

INTERNET Watch - 医薬品ネット販売裁判の控訴審、ケンコーコムなどに販売権認める逆転判決

 改正薬事法の施行に伴い、第1類および第2類一般医薬品のネット販売を禁止した厚生労働省の省令は違法だとして、ケンコーコム株式会社と有限会社ウェルネットの2社が販売権の確認などを求めていた裁判の控訴審で、東京高等裁判所は26日、2社の販売権を認める逆転判決を言い渡した。

海外への送金というのは面倒なものである。手続きは面倒だし、手数料は高いし、相手に届くまでに時間はかかるし......。我が家ではしばしば海外送金の必要が生じるので、これは頭の痛い問題だ。ところが、先月新たに始まったSBIレミットというサービスが悪くなさそうだったので、早速試してみた。

Twitterで教えてもらったEngadgetの記事で、6dot Braille Labelerという現在開発中の点字ラベル作成機を知った。単三電池で動作して、市販のダイモテープを使い、入力は6点入力だというこのラベラー、現在は試作品ができた段階だが、製品化されれば200ドル程度で販売される見込みだという。このラベラーについて読んでいて、いくつか考えたことを書いてみることにした。

先日提出してここにも掲載した医薬品ネット販売関連のパブリック・コメントに関連して、既に報道されているので知っている人も多いと思うが、厚生労働省の原案のまま省令改正が実施されることになった。この規制については、先日ここに掲載した通り僕は強く反対している。そこでこの件について少し調べてみたのだが、いくつか言いたいことが出てきたので、ここに掲載し、ここを読んでくださっている皆さんにも知っていただきたいと思う。

医薬品のネット販売を事実上禁止することにつながる制度について、厚生労働省が実施しているパブリック・コメントの締め切りが今日だと知って、慌てて書いて送信した。 (送信したのがついさっきだったので、「締め切り後」の扱いになって、受け取ってもらえないかもしれないですが...。) 以下、全文を貼り付けておく。ちなみにこれ、正式名称は「薬事法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令案」に関する意見の募集、というらしい。

ここ2年間、自宅で仕事をすることが多かった。本当に集中しないといけない時、それから講義のうち自主制作分を録音する時を除いて、ほとんどの時間、僕が仕事部屋にしている部屋にはラジオが流れていた。その中でも、知らないうちに聴くことが習慣化して、そして本当は仕事のBGM的存在であったはずなのに、どちらかというとCMの時間に仕事をしているような状態になってしまっっていた番組がある。それが、TBSラジオで放送されていて、3月27日で終了してしまった午後の番組「ストリーム」だった。

先月の初めのことだが、何となく咳が出て、「ああ、これは風邪だなあ」と思っていたその翌日、朝起きても風邪の症状は消えていなかった。消えていないどころか、何となく寒気もする。熱を測ってみると37.3度程度だったので、水分を多くとってしばらく寝ていれば直るだろう、と思って、軽く食事をしてから布団に入った。一眠りしてから熱を測ると、なんと38.2度に急上昇していた。インフルエンザにかかった時を除けばこんなに熱が上がったことは、少なくとも大人になってからはないので、さすがに不安になった。もしインフルエンザなら、早めにタミフルを処方してもらわないと回復までに時間がかかってしまうし、インフルエンザではないとするとそれはそれでまた不安になる体温だ。普段なら自宅の側のクリニックに行くところだが、あいにくこの日は休日だったので、このクリニックも休診だった。

先週末の各紙 (のサイト) に、内閣府が行った障害者に関する世論調査の結果に関する記事が掲載されていた。多くの記事は、回答者のおよそ 8割が、社会に障害者に対する何らかの差別があると考えているということを中心に伝える短いものだったのだが、産経のニュースサイト iza!に掲載された記事では、もう少し詳しくこの調査の結果について伝えている。「障害者の手助け経験、7割が「ある」 世論調査」という見出しを読んで、「確かに世の中親切な人は結構多いからなあ」などと思ったのだが、同時にいくつかの疑問も感じてしまった。

先日 PASMOが使えるようになった数日後、たまたま電車に乗ったら、その時持っていたパスネットの残金がなくなった。手持ちの SUICAにはそれなりに残高があったので、これでもうパスネットを買うことはないだろうと思った。そして僕の計画では、程なくオートチャージ対応の PASMOを手に入れて、 SUICAも JR東日本に返還してデポジット 500円を取り返す、というつもりだった。ところが、そんなことを思って 1週間もたたないうちに、昨日パスネットを購入するはめになってしまった。

[日々の暮らし]: PASMO

| コメント(5)

首都圏で電車を頻繁に使っている人なら知っていると思うが、PASMOが 3月18日から使えるようになる。 SUICAとも互換性があって、普通に使う分にはわざわざ PASMOを入手する必要はないように感じられる。ただ、 PASMOのサイトにあるプレスリリース (PDF)を見た感じだと、私鉄区間だけの定期券を使いたい場合には、 PASMOでなければならないようだ。僕の今の生活では、 JRよりも私鉄 (主に小田急) を使うことの方が圧倒的に多いし、小田急の定期も持っているので、ちょっと PASMOについて調べてみた。

僕に会ったことがある方ならばご存じの通り、僕は外出する時はほぼ間違いなく白い棒きれを携えている。 (正式(?) には「白杖 (はくじょう)」と呼びます。) 何となく気が向いたので、この棒にまつわるあれこれを書いてみることにした。

明日は友人の結婚式に出席する。ということで、新札を手に入れなければならない、ということを昨日思い出した。普段なら、通勤の通り道にあるみずほ銀行で両替するのだが、ここ数日は職場が実質的に休みに入っているので、仕事があっても家でしている。そんなわけで、普段使っているみずほ銀行に行くのは大変面倒な状況である。

我が家の洗濯機は、かれこれ12年くらい前に購入した全自動のものだ。正確な容量は覚えていないが、男の一人暮らしには十分なものだった。まだまだ元気に活躍中のこの洗濯機だが、そろそろ新しいものに買い換えたいな、と思うようになって久しい。そして、この間の三連休の間に、思い切って購入に踏み切ろうと思ったのだが…。

NIKKEI NETに、「三井住友銀、音声で伝える商品パンフレット」という記事があった。商品のパンフレットに、 SPコードをつけて、 SPコード・リーダーを持っている視覚障害者や高齢者の便宜を図る、ということらしい。でも……。

という訳で、新しい電源タップ (のようなもの) を買ったわけだが、そちらにも書いたように、 Amazonでは送料無料まで後一歩、という価格設定だった。そんなわけで、本当は買わなくてもよさそうなものまでついでに買ってしまった。それが新しい鼻毛カッターこと、 Nationalの ER430Pである。

我が家から徒歩で行ける距離には、少なくともスーパーが 3店舗ある。その中で、一番近くて、かつ対応がいいのが、イトーヨーカ堂である。この店が 1年前に開店して以来、時々利用しているのだが、使う度に、もし特売品の情報を知っていればもっと賢く利用できるのに、と感じていた。そんな中、 ソースネクスト から、 「ずばり大安売り なるソフトが発売されたというニュースを眼にした。発売されたのは数週間前のことだったはずだが、何となく新年最初の衝動買いの対象として購入してしまった。 (衝動買いをしない方が、特売品を探して買い物するよりも節約につながる、という、もっともな指摘は受け付けないのであしからず。)

最近僕はよく昼昼寝をする。夕方近い時間帯に、短ければ 15分、長いと 1時間くらいだ。 15分で目覚めると、頭もすっきりとして実に良いのだが、 30分以上寝てしまうと、起きた後もなんだか頭がぼーっとしてしまい、疲労も感じ、そのまま帰って寝てしまいたくなる。ということで、どうにか昼寝の時間を短く保つ方法はないものかと考えていたのだが、ふとある人に前に見せてもらった耳かけ式のタイマーのことを思い出した。

サイドバー (左)

Powered by Movable Type 5.2.9

サイドバー (右)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日々の暮らしカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは技術メモです。

次のカテゴリは昔話です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。